7days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア・ジャワ島旅行記③ ボロブドゥール遺跡サンライズツアーとジョグジャカルタ観光

ボロブドゥール遺跡サンライズツアー

翌朝は4時に起床。今回の旅の目的のひとつ、ボロブドゥール遺跡のサンライズツアーに参加する。ゲストハウスから専用車でマリハナホテルまで向かう。

ツアーはゲストハウスのフロントで予約ができ、料金は450,000ルピア。400,000ルピアと聞いていたけど、どうやら値上がりしたよう。ちなみにツアーと言っても、ガイドがいるわけではなく、受付後はルートにしたがって各自歩き、各自解散というもの。

受付で懐中電灯を受け取り、ボロブドゥール遺跡の頂上へ登っていく。

f:id:taaku3:20170430165958j:plain

月夜に照らされる姿も味がある。

f:id:taaku3:20170430170004j:plain

5時半には頂上で日の出を待つ。思いの外、参加者が多く、良い場所から埋まっていってしまう。なかなかいい値段がするからか外国人ばかり。

頂上からはインドネシアでも最も活動的な火山と言われるムラピ山が一望できる。噴煙がぼんやり見え、幻想的な雰囲気だ。

f:id:taaku3:20170430170007j:plain

徐々に夜も明け、ついに日の出。

f:id:taaku3:20170430171638j:plain

f:id:taaku3:20170430170022j:plain

f:id:taaku3:20170430170029j:plain

日の出後はゆっくりモチーフを見て回ったが、金銭的に余裕があればガイドをつけた方が良いように思う。ガイドも予備知識もなしだったから、モチーフの意味や背景などはわからなかった。

f:id:taaku3:20170430170054j:plain

f:id:taaku3:20170430170107j:plain

f:id:taaku3:20170430170211j:plain

f:id:taaku3:20170430170155j:plain

全体を見終わった頃にはすっかり日も昇り、一般の観光客が増えてきた。

ボロブドゥール遺跡は1時間あれば十分に見て回れるこじんまりとした遺跡だった。正直なところ、サンライズツアーに参加しなければ、この遺跡の印象は薄いかもしれない。少し割高だが、奮発してサンライズツアーに参加し、できればガイドの説明を受けながら、レリーフや歴史を味合うのが良いように思う。

ボロブドゥールからジョグジャカルタ

ゲストハウスをチェックアウト後、ジョグジャカルタへ向かい、市内の観光地を巡ることにした。インドネシアのゲストハウスやホテルはタイなどに比べて割高な印象だが、チェックアウトが12時までというところが多く、朝観光してからチェックアウトができるところがありがたい。

ボロブドゥールのバスターミナルに行くと、まさにジョンボール行きのバスが出発するところ。念願かなって(?)、昨日乗り遅れたローカルバスに乗ることができた。料金は25,000ルピア。

f:id:taaku3:20170430173728j:plain

今回の旅行で立ち寄ったジョグジャカルタジョグジャカルタなどでは、9時頃から渋滞が起こり始め、夕方までひどい渋滞が続いていた。午前中早めの時間に移動すれば、あまりストレスを溜めないでスムーズに移動できると思う。

ジョグジャカルタ市

1時間ほどでジョンボールバスターミナルに到着。トランス・ジョグジャでクラトン(王宮)まで向かう。

王宮の右手に入場ゲートがあり、チケットを購入できる。料金はカメラ持ち込み料を含めて数千ルピアだったが、正確な金額を忘れてしまった。

f:id:taaku3:20170430170707j:plain

f:id:taaku3:20170430170713j:plain

正直なところ、見どころはあまりなく、僕が行ったときには無給のボランティアとして王宮を守るスルタン家臣の子孫たちもいなかった。

王宮内に入ってすぐに人形が所狭しと並べてあるのだが、それぞれの説明もなく、誰が誰なのかさえよく分からなかった。ただ、位の高い女性を腕だけで支えている男たちの像を見つけ、思わず撮ってしまった。めっちゃしんどそうだが、お尻はさわり放題。

f:id:taaku3:20170430170725j:plain

その後、王宮から歩いてすぐのブリンハルジョ市場へ向かう。

ほとんど観光客はおらず、インドネシア国内からの観光客や住民で賑わっていた。衣類や食品が主で、特にめぼしいものは見つけられなかった。

f:id:taaku3:20170430170737j:plain

ブリンハルジョ市場が位置するマリオボロ通りはジョグジャカルタで最も賑わう街だ。お土産屋さんから飲食店、屋台が並ぶ。ここの良いところは良心的な価格だ。高めの金額がふっかけられても、そもそもその金額が許せる範囲であったり、あまり苦もなく値引き交渉ができる。

僕はここでTシャツを2枚買った。価格は50,000ルピアと80,000ルピア。ルピアは単位が大きく散財した気持ちにいつもなるが、日本円に換算すると400円と640円ほど。質も悪くない。

フルーツジュース屋さん。10,000ルピアしないくらいで飲める。

f:id:taaku3:20170430170748j:plain

また路上では至るところでライブパフォーマンスも行われていた。たまたま見つけたAngklung Malioboroというグループがとても格好良かった。竹を何重にも重ねて作られている楽器の音色がとても綺麗だったのだが、何という楽器だろう?

f:id:taaku3:20170430170807j:plain

f:id:taaku3:20170430170820j:plain

馬車も至るところにある。観光客向けの乗り物なのだろうか?

f:id:taaku3:20170430170834j:plain

気付けば日も落ち、マリオボロ通りも昼間と違った顔を見せる。

お洒落なバーや飲み屋さんがいかにもありそうな雰囲気だが、なんたってここはインドネシア。お酒を飲める場所は本当に限られている。この日、ビンタンビールというインドネシアのビールに辿り付けたが、大瓶で50,000ルピアほど。高い高い。

f:id:taaku3:20170430170854j:plainf:id:taaku3:20170430170905j:plain

一歩裏路地に入れば、ガラッと落ち着いた雰囲気に変わる。ゲストハウスも多く見かけたので、宿はジョグジャカルタに来て見つけるでも良いかもしれない。

f:id:taaku3:20170430170843j:plain

ちなみに夕食を食べたお店はこちら。僕が行った時には15分ほど並んだが、雰囲気も料理の味も良くおすすめ。

次編に続く・・・。

インドネシア・ジャワ島旅行記② ジョグジャカルタ・プランバナン寺院群を見る

旅って人それぞれ色々な楽しみ方がある。リゾート地でゆっくりとした時間を過ごす人もいれば、買い物や食を楽しむ人、安宿を渡り歩く人。

僕にとって旅の醍醐味は新しい土地に行くことだ。バスや電車を乗り継いでまだ見たことのない町に行く。単に移動が好きということもあるけれど、見知らぬ地でその雰囲気を肌で感じ、ローカルな料理を食べ、すれ違う人と一言二言交わしていく・・。そう漂流するような旅が好きだ。

f:id:taaku3:20170426012347j:plain

ジャカルタからジョグジャカルタ

今回の目的のひとつ、ボロブドゥール遺跡を観に行くため、ジャカルタからジャワ島中部に位置するジョグジャカルタへ向かう。ボロブドゥール遺跡は世界最大級の仏教遺跡であり、カンボジアアンコールワットミャンマーバガンと並んで、世界三大仏教遺跡と言われている世界遺産だ。ジョグジャカルタから車で1時間ほどのところにある。

ジャカルタからジョグジャカルタへはバスや鉄道といった選択肢があるが、時間の節約のため、飛行機で向かう。インドネシアで人気のLion Airを試してみたかったが、安いフライトすでに売り切れていた。再びAirAsiaを利用。

f:id:taaku3:20170426012327j:plain

ちなみにバンコクからはジャカルタで入国せずに、トランスファーができたんだけど、チケットが割高だったことと、前日の移動が長かったため、しっかり休みを取れるようホテルに宿泊したかったことから翌日の便を別々に予約した。社会人旅行ならでは、疲れて帰っては仕事に支障が出てしまうので、どうしても体力を温存することに気を使ってしまう。

ジャカルタからジョグジャカルタまでは1時間ちょっとで到着する。着陸直前に眼下に広がった、噴煙を上げるマウピ山とその麓に広がる街並みはとても美しかった。(離発着時には電子機器が使えず撮影できなかった泣)

 

プランバナン寺院群

ジョグジャカルタ近郊にはボロブドゥール遺跡のほかに、プランバナン寺院群というもうひとつの世界遺産がある。ジョグジャカルタの空港から近く、市内からもアクセスが良いため、ボロブドゥールへ行く前に立ち寄ることにした。 

途中渋滞にあったり、タクシーの運ちゃんに変な場所に連れて行かれたりしたが、空港からは30分かからずプランバナン寺院群に着いた。料金は50,000ルピア。 

外国人専用ゲートでチケットを購入する。チケット料金は18ドルをその日の両替レートで換算したもの。僕が行った日は大人が234,000ルピア、子どもと学生が117,000ルピアだった。正直なところ、外国人料金は現地人に比べて極端に高いし、遺跡の規模からしても割高な印象を覚えてしまう。

f:id:taaku3:20170426012429j:plain

ゲートをパスして、入場するとすぐプランバナン寺院が見えてくる。プランバナン寺院群は240の仏教ヒンドゥー教寺院からなるが、プランバナン寺院はその中でも中心的な存在。

f:id:taaku3:20170426012146j:plain

f:id:taaku3:20170426012202j:plain

f:id:taaku3:20170426012240j:plain

小さな博物館も園内にあり、修復の様子が見られる。

f:id:taaku3:20170426012247j:plain

f:id:taaku3:20170426012252j:plain

広い公園内を回るために自転車をレンタルした。自転車コースが定められていて、園内のひと通り遺跡が見られるようになっている。料金は10,000ルピア、所要時間は20分ほど。

f:id:taaku3:20170426012308j:plain

こちらはセウ寺院。園内の外れに位置するため、ほとんど人がおらず、ゆっくりと鑑賞することができる。

f:id:taaku3:20170426012839j:plain

f:id:taaku3:20170426012425j:plain

プランバナン寺院群は少し地味な印象ではあるが、建物の造形は美しく、レリーフをひとつずつ見ていけるほど飽きずに楽しめる。ボロブドゥール遺跡とセットでの訪問がおすすめ。

f:id:taaku3:20170426012452j:plain

プランバナン寺院群からボロブドゥールへ

翌日ボロブドゥール遺跡のサンライズツアーに参加するべく、ボロブドゥール町内でゲストハウスを予約していたため、プランバナン寺院群から一路、ボロブドゥール遺跡のあるボロブドゥールへ向かう。

プランバナン寺院群から市内には、近くのトランスジョグジャの乗り場から、A1のバスに乗れば、市内まで乗り換えなしで行くことができる。料金は3,500ルピア。市内からボロブドゥールへは、ジョンボールバスターミナルか、ギワンガンバスターミナルかどちらかのバスターミナルからローカルバスに乗る。

僕はバスを試してみたかったので、ボロブドゥールへ近いジョンボールバスターミナルまでトランスジョグジャで行き、ローカルバスを乗ることにした。トランスジョグジャのバスは綺麗で乗り心地が良い。

ただ、この時の僕はこのあとの長い長い道のりを知る由もなかった・・。

f:id:taaku3:20170426012505j:plain

結論から言えば、僕は市内から出発するボロブドゥールへのローカルバスの最終便に乗り遅れた。4時10分頃、まだジョンボールバスターミナルに辿りつけていない僕は、たまたまをこの記事を読んで、最終便が4時であることを知った。

そもそもなぜバスターミナルに4時までに辿り着けなかったかと言えば、いくつもの要因が重なり合ってそうなったとしか言えない。

ひとつは空港周辺の道路で工事をしていてひどい渋滞が発生していた。渋滞でも構わずインドネシアのマナーの悪いドライバーたちは割り込み、バスは急ブレーキを繰り返したのだ。ついにその揺れに耐えきれなくなった隣の少年がゲロをバス内にぶちまけた。

車内に充満する強烈な臭いと、渋滞でなかなか進まないバス。旅先でもらいゲロは絶対に避けたい。耐えきれなくなった僕はバスから、気持ち悪さを解消するために近くのバス停まで歩くことにした。不思議なことに気持ち悪さの次に空腹がやってきた。遅めの昼食を済ませ、やっとこ着いたバス停で乗り換えのバスを待つものの、待てど暮らせどバスはやってこない。そうして、最終バスの時間が過ぎた。 

f:id:taaku3:20170426013136j:plain

それでもめげずにボルブドゥールへ行く手段を探していると、ギワンガンバスターミナルであれば、5時までバスがあるという情報を見つける。ジョグジャカルタの町を挟んで、ジョンボールバスターミナルの対角線に位置するギワンガンバスターミナル。わずかな望みにかけて、バイクタクシーを捕まえ急かして向かう。

4時45分、ギワンガンバスターミナルに無事に到着。近くのおっちゃんに聞いてみると、最終バスは5時らしい。間に合ったことの喜びとともにダッシュで発車所まで向かう。

が・・・バスがない。結局、4時が最終だった。

気付けば、時間的にも金銭的にも一番ロスが大きい選択をしてしまった。ここからボロブドゥールへは、バイクタクシーで来た道を戻り、ジョンボールバスターミナル近くを通り、向かうことになる。案の定、町はずれのバスターミナルにはタクシーもほとんどおらず、こんな時間にボロブドゥールなんて行きたくないというオーラぷんぷんのタクシーを交渉し、お値段は250,000IDR。高すぎる・・。

 

どこかひとつでも違う選択をしていればきっと間に合っただろう。

個人的にはゲロった少年に八つ当たりしたいところだが、涙を流しながら苦しそうな表情をしていた彼を攻める気にもなれず、何とも言えない悔しさが残る。

この旅で2回目の失敗による痛い出費。

 

そんなわけで、クーラーががんがん効いた車を独り占めし、美しい夕陽を見ながらボロブドゥールに向かう。到着したころにはもう外は真っ暗だった。

f:id:taaku3:20170426013141j:plain

ちなみにボロブドゥールで宿泊したこのホテルはおすすめ。遺跡にも徒歩5分ほどと近く、部屋も清潔でレストランの食事も美味しかった。

f:id:taaku3:20170426013146j:plain

次に続く・・

インドネシア・ジャワ島旅行記① ミャンマーのパアンからタイ経由でインドネシアへ

ミャンマーでは4月13日から17日が水祭りと新年にあたり、2週間ほど祝日だ。その休暇に合わせて、4月14日から22日までインドネシアのジャワ島を旅してきた。社会人ならではの駆け足の旅。

インドネシアと聞くと、どんなイメージがあるだろうか?正直なところ、僕の中ではスマトラ沖大地震やバリ島のリゾートのイメージが強く、その他の知識はほとんどない。大して気になっていた国というわけではなかったのだけど、ミャンマーから比較的安く行ける場所と考えると有力候補に挙がってきた。

実際のところ、インドネシアの魅力は僕の期待をはるかに上まわり、文化・歴史・食事いずれも素晴らしく、すっかり魅了されてしまった。この国を知るには7日間では全然足りず、あと1ヶ月は見て回りたい、また戻ってきたいと何度も思ってしまう。

 

さて、今回の旅の目的は世界遺産であるボロブドゥール遺跡を見ることと、秘境のビーチと言われるカリムンジャワ島に行くことのふたつだ。ボロブドゥール遺跡はご存知のとおり世界三大仏教遺跡のひとつであり、その美しいサンライズレリーフが知られている。一方、カリムンジャワ島は認知度も低く、たまたまネットで見つけたのだが、珊瑚礁に囲まれ、イルカやウミガメが見られる美しい海らしい。

いま住んでいるミャンマーのパアンを起点に、インドネシアのジャワ島を旅した記録を書いていこうと思う。

f:id:taaku3:20170423224926j:plain

パアンからの脱出

いま僕が住むミャンマーのパアンには空港がない。一応あるはあるのだが、偉い僧侶が反対したとかで、実際は使われていない。そのため、パアンから海外へ行くルートはかなり限られている。

ひとつはヤンゴンまでバスで行ってヤンゴン空港から飛行機に乗る方法。もうひとつは陸路でタイ側に抜け、そのからバスや飛行機で移動する方法だ。しかし、タイに行くならまだしも、さらに別の国へ行くと考えると、ヤンゴン空港だと飛行機が限られる。ならばタイ経由で出国してみようと今回は試してみた。

ミャンマーのパアンからタイのバンコクまでの移動ルートはこちら。

ミャンマー・パアンから国境の町ミャワディーまで行き、陸路でタイのメーソートに渡った後、バンコクへの飛行機に乗る。さらに最初の目的地であるジョグジャカルタまではバンコクからジャカルタへ、ジャカルタからジョグジャカルタへフライトを乗り継いで行かねばならない。

出発前のすったもんだ

移動が多くなればなるほど、滞在期間が長くなればなるほど、トラブルはそれ比例して増えるものだ。そういうトラブルも含めて、旅のおもしろさなのだが、まさかパアンから出発するだけでもつまづくとは思ってもみなかった。

パアンからタイ国境の街・ミャワディーまで行くには、乗り合いタクシーが数も多く便利だ。パアンのダウンタウンから頻繁に出ていて、特に予約なしでも乗れる。

ただ、今回は出発日が水祭り期間にあたったため、バスやタクシーなどの交通機関が限られてしまい、移動がとにかく大変になってしまう。そこで事前にチケットを購入することにした。

2週間前から何度かバスや乗り合いタクシーのチケットを扱うお店に訪問し、出発日の乗り合いタクシーを予約しようと試みるも、どうやら水祭り期間でも乗り合いタクシーはあるらしいが、チケットは出発前日でないと購入できないと言われてしまう。

 

そこで出発前日、話を付けておいたお店にチケットを買いに行く。

ところが・・お店が閉まってる!今日来いって言ってたこないだのオヤジいない!なんてこった・・素直に信じた自分がバカだった・・。

メーソートからの飛行機に乗り遅れればインドネシアまでい行けなくなってしまう。乗り合いタクシーの乗り場に行ってみると、車を貸し切るしかないという。料金は90,000チャット。何人かで乗り合わせるならまだしも、ひとりで3時間の道のりにしては高すぎる。

結局、いつもお世話になっている近所のおばちゃんが車探しに奔走してくれて、50,000チャットで借りられることに。いつもであれば10,000チャット前後のところを通常の5倍。なかなか痛い金額になってしまった。

まあ、そんなわけでミャワディーの水祭り期間の移動や旅行はおすすめしない。 

パアンからミャワディーへ

出発当日、朝早くから水祭りの騒ぎが始まると聞いたので、渋滞を避けるために朝5時に出発。家の外に出てみると、もうドライバーが待っていた。頼りになる。

まだ暗い中、人も車もほとんどおらず、ぐんぐん飛ばしていく。パアンから途中のコーカレーに架かる橋。

f:id:taaku3:20170423224420j:plain

アジアンハイウェイに合流すれば、ミャワディーまであっという間だ。アジアンハイウェイはタイ側が担当する分はすでに建設が終わっており、その質は日本並みに高く、ミャンマーの道路との差は一目瞭然。

結局、2時間ちょっとでパアンからミャワディーに到着した。イミグレ事務所も空いていて、8時前にはタイのメーソートに入国できた。タイとの国境線であるモエイ川では泳いでる人がいる。病気とかにならないのかな・・。

f:id:taaku3:20170423224535j:plain

f:id:taaku3:20170423224511j:plain

メーソートからバンコク

メーソートからバンコクドンムアン空港へ向かうべく、タイ側のイミグレを出たすぐのところから、バイクタクシーに乗る。メーソート空港まで3キロ弱、10分ほどであっという間に着いてしまう。料金は言い値で60バーツ。

メーソート空港はザ・田舎の空港。それもそのはず、Nok Airバンコク行きの4便しか飛んでいなかった。現在、拡張工事を行っているらしく、それが終われば近代的な空港になるかもしれない。

f:id:taaku3:20170423224639j:plain

f:id:taaku3:20170423224607j:plain

メーソートからドンムアン空港までは約1時間のフライト。プロモーション価格であれば30ドルかからない金額で乗れてしまう。バスもあるようだが、時間と金額を考えると時間のない社会人旅行者にはおすすめだ。(そもそもバンコクからメーソートへ直に来る必要がある人はいるとは思えなんだけど、タイは飛ばしてミャンマーへ陸路で入りたい人にとってはありかもしれない。)

案外厳しいセキュリティチェックをパスして、飛行機に搭乗する。LCCながら、機内ではおつまみと小さなペットボトルの水が配られた。

f:id:taaku3:20170423224913j:plain

そして、定刻どおりにバンコクドンムアン空港に到着。ここからジャカルタまではいくつかの航空会社が運行しているが、最安値だったAirAsiaを選択。往復で300ドルほど。

こちらの地図を参考にしながら、混み合うチェックインカウンターを通り過ぎ、セルフチェックイン機で並ぶことなくチェックイン完了。預け荷物がなければ本当におすすめ。このセルフチェックイン機がターミナルの外にあるため、見つけにくいので要注意。

f:id:taaku3:20170423224718j:plain

チェックイン後、小腹が空いたのでターミナル1とターミナル2の間にあるMagic Gardenで腹ごしらえ。事前にお金をデポジットして、好きなものを注文する。デポジットカードを返却すると、残金は返金して貰える仕組み。ローカルフードは100バーツしない手頃な価格で食べられた。

f:id:taaku3:20170423224740j:plain

バンコクからジャカルタ

ドンムアン空港のイミグレを抜け、飛行機に搭乗する。定刻どおりの離陸し、4時間ほどでジャカルタスカルノハッタ空港に到着した。AirAsia利用ということで遅延を覚悟していたが、帰りの便も定刻どおりの離発着で運が良かった。

 

そうそう、このスカルノハッタ空港、良い評判をまったくと言ってもいいほど聞かない。怪しい客引きや誤魔化しが横行する両替所、窃盗などなど・・。

そんな事前情報にびくびくしながら、出国ゲートを出てみると・・薄暗く閑散としている。21時着で遅かったためか、客引きもおらず、誰にも声をかけられなかった。これはこれでちょっと寂しい。

f:id:taaku3:20170423224804j:plain

ゲートすぐの両替所で両替。特に誤魔化しもなく、正しい金額を受け取った。もちろん一緒にカウントしたあとで、嫌がれようともしっかり自分でも数える。向こうも人間なので悪意がなくとも間違えることもあるしね。

ちなみにレートは1ドル=13,150ルピアだった。空港のレートはかなり悪いと聞いていたが、後日ジョグジャカルタとスラマンでそれぞれレートが良いという両替所で両替したが、レートは13,200ルピアと13,175ルピアで、それほど大きな差はなかった。ジャカルタ市内のレートは分からないが、大きな金額を両替しないのであれば、手間を考えると、空港で全額を両替しちゃうのもありなんじゃないかと思う。

f:id:taaku3:20170423224838j:plain

両替後、TELCOMSELのSIMカードを購入。SIM自体は60,000ルピア、インターネット2GBが120,000ルピアで計180,000ルピア。旅行期間中、どこでも通じて、4Gはサクサクで快適だった。情報収集しながら旅ができるのでおすすめ。

そして、タクシーに乗って空港近くのホテルへ。明日はジャカルタから最初の目的地のジョグジャカルタへ向かう。長い長い移動の一日だった。

f:id:taaku3:20170423224858j:plain

次編へ続く・・。

パアンからタトン経由で、チャイティーヨーへ行く列車旅

先日、ミャンマーのカレン州パアンから、ゴールデンロックで有名なチャイティーヨーへ行ってきた。ミャンマー国鉄にも乗ってみたかったので、モン州のタトン経由で列車に乗り継いで行ってきた。

移動ルートはパアン⇒タトン⇒チャイトー⇒キンプン⇒チャイティーヨー。

ニッチなルートだろうけど、タイ側から入国しパアン経由でゴールデンロックを見に行くという人には参考になるかも。今回はタトンから列車に乗ったが、パアンからミャンマー第4位のモーラミャインまで行き、そこから列車に乗ることもできる。

パアンからタトンへ

パアンからタトン行きへの乗り合い軽トラは、パアン市内にある市場近くから乗ることができる。市場まではバイクタクシーの運ちゃんにZay Gyi(ゼイジー)と言えば連れて行ってくれる。

朝7時、軽トラの荷台に乗り込みいざ出発。タトンまでは1,500チャットで、1時間ほど。田舎道をのんびり走っていく。

f:id:taaku3:20170408203827j:plain

乗り合い軽トラの終点はタトン市内の市場前。歩いてすぐにShwe Sar Yan Pagodaという大きなパゴダがあったので少し見学。内部には立派な仏像が並んでいる。

f:id:taaku3:20170408203955j:plain

f:id:taaku3:20170409010000j:plain

パゴダを出て、市場前で三輪バイクタクシー(呼び方が分からないけど、サイカーのバイク版)にひろう。鉄道の利用客が少ないためか、なかなか行き先が伝わらない。市場からタトン駅まで500チャット、5分ほどで到着。

9時頃に列車があると聞いていたが、切符売り場に行ってみるとチャイトー行きは10時半!ホームもほとんど人がおらずガラリとしている。

f:id:taaku3:20170408204431j:plain

チケット売り場。酔っぱらいっぽいおじさんがだるそうに対応。一応英語も通じた。座席のクラスはアッパークラス・ファーストクラス・オーディナリークラスの3つ。アッパークラスを選んだが、タトン駅からチャイトー駅までわずか950チャット!安い!2014年以前は外国人料金があって、正規料金の10倍ほどだったとのこと。

余談だけど、ミャンマー人は並ばない。横入り、待ち順無視は当たり前。切符売り場でも待ちレーンがあるというのに、やっぱりごちゃごちゃ〜となる。それでも、外国人だからか、一番始めに買わせてくれる優しさはミャンマー人っぽい。

f:id:taaku3:20170409010929j:plain

f:id:taaku3:20170408204501j:plain

列車の時刻が近づくにつれ、閑散としていたホームにも人が集まってきた。3連休だからか家族連れが多い。

f:id:taaku3:20170408204530j:plain

定時を過ぎてもなかなか来ない。20分近く遅れて到着。しぶい外装。

f:id:taaku3:20170408204546j:plain

f:id:taaku3:20170408204602j:plain

最上級のアッパークラスでも冷房はなし。席はまあまあ乗り心地よし。マレー鉄道に乗った際は上位クラスは外国人ばかりだった印象だが、もともとの価格が安いためか、ザ・ローカルな雰囲気。車内ではお弁当や飲みものが売られていた。

f:id:taaku3:20170408204706j:plain

f:id:taaku3:20170408204723j:plain

タトンからチャイトー

知り合いのミャンマー人曰く、モーラミャインからチャイトーあたりまで、1日数本と列車の数が限られているため、運転手があまり時間を気にしないらしい。そんなわけで、結局11時頃、タトンを出発。

ガタンゴトンと文字通りの音を立てながら進む。外の景色を眺めながらビールを空ける。風が気持ちよく、快適な列車旅。に思えたが、12時過ぎてからぐんぐん気温が上がり、もう暑くてたまらない・・。窓側の左腕だけが太陽にじりじりと焼かれていく。

酷暑期の真っ昼間に列車移動はなかなか厳しい。チャイトーまで約3時間。バスで行けば、1時間半ほどと考えると、移動時間は2倍。外は乾季ならではの茶色っぽい景色が延々と続く。

f:id:taaku3:20170408204920j:plain

チャイトーからキンプン

ようやくチャイトー駅に到着。出口すぐのところからゴールデンロックへの起点となるキンプンまでの乗り合い軽トラに乗れる。チャイトーからキンプンまでは500チャット。

田舎道を進み、1時間弱でキンプンに到着。ゴールデンロックは翌日に観に行くことに決めて、ホテルにチェックイン。

f:id:taaku3:20170408205328j:plain

ゴールデンロックに泊りがけで行く場合、宿泊場所として2つの選択肢がある。

ひとつはチャイティーヨー山頂にあるホテルに宿泊。1泊100ドルほどするが、朝日と夕陽に照らされたゴールデンロックを見ることができる。もうひとつはキンプン。1泊30ドルほどから手頃なホテルが見つかるが、チャイティーヨー山頂行きの政府運営のトラックが朝6時から夕方6時までと限られているため、日中のゴールデンロックしか見ることができない。

今回は予算上、キンプンを選択。宿泊したGolden Sunrise Hotelは1泊30ドルほどながら、ミャンマーには珍しいモダンな内装で、設備も綺麗。アメニティーは最低限しかないが、レストランの味も良く、キンプン宿泊の際にはおすすめ。

キンプンからチャイティーヨー 

翌日5時半、あわよくば朝日のゴールデンロックが見られればと、朝一のトラックに乗れるようにホテルを出発。

さすがに5時半から行く人は少ないだろうなと甘く考えていたら、人人人!なぜこんなに人がいるんだと文句を言いたくなるほどに混み合うトラック乗り場。行列がいくつもできていて、どこに並べばよいのかさえよく分からない。

f:id:taaku3:20170408205549j:plain

トラックの料金は地球の歩き方には2,500チャットとあったけど、ひとり2,000チャットだった。荷台ではなく、車内に乗りたい場合は3,000チャット。トラック乗り場の奥に受付があるので予約できるよう。受付で乗り方を聞いたら、英語が話せるスタッフがベストポジションで待たせてくれた。

f:id:taaku3:20170409163307j:plain

時間になるとトラックがクラクションを盛大に鳴らしながら、信じられないスピードで乗り場に突っ込んでくる。負けじと動くトラックに飛び乗る人たち。事前にスタッフに声をかけておいて良かった・・

スタッフのいまだ行け!という合図に合わせて、トラックの荷台に飛び乗る。必死に自分の席を確保する。あまりの激しさに写真は撮れなかった。今から神聖な場所に行くというにも自我丸出しでいんだろうか・・。

f:id:taaku3:20170408205609j:plain

10分後、チャイティーヨー山頂へ向けてトラックが走り出す。途中で人数調整をし、20人ほどが別のトラックへ移動する。それでも残った乗車数はなんと70人ほど。しかも山頂までガンガン飛ばす飛ばす。速いのなんのって。一番端の席に座ってしまったために、カーブのたびに飛んでいってしまいそうな恐怖感。

山頂までわずか30分ほどで到着。ここもまたものすごい人。帰る人と来る人がもう大混雑。もう少し上手にオペレーションできるんじゃないかなと思ってしまう。

ゴールデンロック

参道を20分ほど押し合いへし合いで登っていくと、チャイティーヨーへの入り口が見えてくる。

f:id:taaku3:20170408205642j:plain

f:id:taaku3:20170408212001j:plain

参道の途中に外国人用の入場ゲートがあるので、入場料6,000チャットを支払う。

f:id:taaku3:20170408233110j:plain

さらにしばらく歩いていくと、ついにゴールデンロックが見えてくる。人混みをかき分け、ようやくご対面。

f:id:taaku3:20170409164413j:plain

下からドーン。するっと滑ってころがっていってしまってもおかしくなさそうだが、落ちそうで落ちない不思議な位置に留まっている。どうやって裏面の金箔を貼ったんだろう。

f:id:taaku3:20170408212239j:plain

ゴールデンロックに向けて、参拝客は熱心にお祈りを捧げていた。

そんな様子を見ていたら、お供え物を普通に食べて、持ち帰っていた親子に気がついた。あれはなんだったんだろう。バチがあたりそう。

f:id:taaku3:20170408212349j:plain

f:id:taaku3:20170408212305j:plain

願いごとか何かが書かれた鈴。

f:id:taaku3:20170408212328j:plain

男性限定であるが、ゴールデンロックに触れて金箔を貼ることができる。

僕もさっそく金箔を購入。手前にある柵内からはカメラも携帯電話も持ち込めないため、金箔を購入できる建物近くにある交番に荷物を預ける。セキュリティチェックを越えて、ペタペタと金箔を貼る。ご加護がありますように!

f:id:taaku3:20170408212257j:plain

チャイティーヨー山頂にはゴールデンロックがぽつんとあるのではなく、ひとつの村ができあがっている。参拝客用らしき大きな宿舎ががひしめき合う。

f:id:taaku3:20170408212642j:plain

f:id:taaku3:20170408212916j:plain

一歩中に入れば、お土産屋さんや飲食店が延々と続く。

みんなみんな同じものを売っているが、つぶれることはないんだろうか。

f:id:taaku3:20170408212731j:plain

1時間ほどで1周することができる。途中にはいくつかお参りポイントがあり、洞窟内の仏像にお祈りしたり、読経していたりする人に出会った。

f:id:taaku3:20170408212803j:plain

11時頃になり、気温も上がってきたのでキンプンへ戻る。ゴールデンロック周辺ではみな日よけを作って休んでいる。夜通しお祈りする人もいるらしい。

f:id:taaku3:20170408233010j:plain

帰り道。みなせっせとやって来る。大きな荷物を運ぶポーターや、お金持ちや年配の方を運ぶ籠も。

朝はミャンマー人しか見なかったが、外国人の観光客もちらほらと。3・4月にゴールデンロックに来る場合、午後はとても暑くなるので、午前中がおすすめ。

f:id:taaku3:20170408233020j:plain

f:id:taaku3:20170408233052j:plain

キンプンからパアンへ

再びトラックで爆走し、キンプンへ戻り、バスターミナルでパアン行きのチケットを購入する。価格は7,000チャット。

f:id:taaku3:20170408233433j:plain

キンプンからチャイトーまで乗り合い軽トラで向かい、パアン行きのバスに乗り換える。しかし、このバスがエアコンもなく、めっちゃボロ車!明らかに7,000チャットはぼったくり価格!

寡占状態なので仕方がないんだけど、チャイトーの市街地まで500チャットで行き、そこでバスチケットを購入したほうがずっと安く、良いバスに乗ることができそう。

 

キンプンからパアンまで、チャイトーでの乗り換えも含めると、およそ4時間ほどで到着。厳しい暑さに疲れたが、念願のミャンマー国鉄にも乗れたし、ゴールデンロックも見れたし、なかなか充実した旅だった。

f:id:taaku3:20170408233120j:plain

蜂窩織炎(ほうかしきえん)にかかった

休暇と東京本部への出勤のため、2月中旬から2週間ほど一時帰国した。

久しぶりの日本を楽しみにしていたにも関わらず、蜂窩織炎(ほうかしきえん)にかかり、結局ほとんど自宅で寝て終わってしまった。

蜂窩織炎とは虫刺されや傷口などから細菌が侵入し、真皮や皮下脂肪に到達して炎症・化膿を起こすもの。悪化すれば、意識消失や敗血症の可能性もあり、死亡率も30%ほどになるらしい。

僕の場合はミャンマーから帰国した5日後に38.5℃と急に発熱し、病院を受診し判明した。帰国後すぐということでマラリアの可能性も疑った。いつかの誰かの参考までに経過をまとめておく。

 

2月15日(木)頃

はっきりと覚えていないが、パアンやヤンゴンのホテルで左足を蚊に刺された。特に変わったものではなく、ふつうの虫刺され。

2月18日(土)

虫刺されを中心に赤く腫れが広がる。虫刺されはしこりができ、腫れは熱を帯びている。歩く際に痛みを感じるようになる。だが、以前も同じような腫れができたことがあり、あまり深刻には考えていなかった。

2月20日(月)

実家に帰省。18日から腫れと痛みが大きくなる。特にしばらく座ってから歩き出すときに激しい痛みがある。虫刺されを塞いでいたかさぶたが剥がれ、膿と思しきものと出血。少し痛みと腫れが引く。

2月21日(火)

足の付け根のリンパが腫れてきたため、地元の皮膚科を受診。が、医師にミャンマー帰りと伝えると、患部に触れもせず、抗生物質を飲んで治らなければミャンマーの病院を受診しろと伝えられる。医師の気持ちも理解しつつ抗生物質を服用開始。

夜、久しぶりに家族と温泉に行く。が、寒いのなんの。温まっても温まっても悪寒がする。帰宅後、37.9℃と発熱。後で思えば、この温泉が良くなかった。

2月22日(水)

翌朝は38.5℃まで熱が上がっていたため、マラリアの可能性を考えて、国立国際医療研究センター病院感染症内科を受診。マラリアの検査では陰性だったことから蜂窩織炎の診断。下痢はなく、頭痛と胃痛のみ。

とりあえず一安心。入院か自宅での治療か選択して良いと言われ帰宅。強めの抗生物質を服用し、月曜日に再診することになる。

2月23日(木)

熱帯性マラリアは1回目の検査では陰性になることがあると聞いていたため、熱の経過をしっかり観察。下痢などの熱帯性マラリアの症状がなく、徐々に熱も下がり、熱のぶり返しもなかったため、三日熱や四日熱マラリアの可能性もないと判断。入浴や運動は避け、とにかく寝て休養した。

2月27日(月)

ようやく平熱まで戻り、医師にも問題ないと診断される。ただ、発病から10日間は抗生物質を服用する必要があるとのこと。実際に3月2日(木)あたりまで熱っぽさがあり、頭がぼーっとしていた(決して休みボケではない)。

 

今回、①早い段階でマラリアの可能性を疑ったこと、②感染症の専門医に診てもらったことは良い判断であったと思う。急な発熱があり、さらにそれが虫に刺されてから1週間ほど経過していた時点であったため、マラリアの可能性を考えた。そして、実家がある山梨県にはマラリア診断ができる感染症内科がないことを知っていたため、東京まで行き信頼できる専門医を受診することができた。そうして、マラリアデング熱などの可能性を排除でき、適切な診療を受けられた。

日本で熱帯病が原因で亡くなる多くの人は、専門医ではない医師を受診し誤った治療を受けたことによると聞く。ついつい日本の医療は進んでいると思いがちだが、熱帯病の経験がない医師も多く、適切な医療機関にかかることが重要だ。

熱帯病の可能性がある国に行く人は、最低限の知識を身につけ、それらの可能性を疑えるようにしておくと良い。また、潜伏期間のある病気もあるので、日本や滞在先の病院情報を集めておく必要がある。そうすれば、何かあっても、少しは安心できる。

なお、日本の感染症内科はこちら。

今回僕が受診した国立国際医療研究センター病院の国際感染症センター トラベルクリニックは、帰国後の体調不良に関して24時間対応を行っている。正直なところ、医師やスタッフの患者対応はいまいち(やけに偉そう)だが、医師が2名体制で診断してくれたし、経験も豊富であろうしおすすめ。

今回は山梨から近い病院を選んだが、都立駒込病院も良いだろう。ワクチン外来しか受診したことがないが、感染症の専門医がいる。

 

しかし、何と言っても予防が一番大切だ。蚊にさされないこと、虫刺されや傷などの患部を清潔にしておくことなどで防げるものばかりだ。そして、虫刺されが腫れたときは温泉に入らない!ここ大事。

せっかくの休暇は布団の中で終わってしまったが、得られた教訓は大きい。

 

国立国際医療研究センター病院は立派な建物だった。なんと病院内にタリーズがあった!すごい。

f:id:taaku3:20170305232733j:plain

「僕と同じだね」

今週のお題「私のタラレバ」

もし人生に自分に対する選択と他人に対する選択があるならば、他人に対する選択で「もし、ああしていたら」「あのとき、あっちを選んでいれば」なんて毎日後悔しっぱなしだ。

 

「僕と同じだね」

先日、障がい者への聞き取り調査でフィールドへ出張した際のこと、村の学校で何人かの障がい児を紹介された。その中に眼鏡をかけた一人の少年がいた。

彼に話を聞くと、何年か前から急に近視が進み、黒板の文字が読めなくなってしまったらしい。夜は目が見えづらくなったようだが、いまは眼鏡をかけており、教室のどこからでも黒板は見えるようになった。

僕も小学3年生の頃から急に近視が進み、それらから20年弱、眼鏡が必須だ。目が良ければと思うことはあるけど、目が悪いことで困ることは多くなかったし、緊張しがちに話す彼にも近視なんて気にしなくて大丈夫だよと思った。

そんな彼に「僕と同じだね」と伝えた。

でも数秒後、ひどい言葉を投げかけてしまったとすぐ後悔した。たとえ同じく近視であろうとも、”障がい”の程度は少年と僕とは全然異なるかもしれないのに、少年の気持ちを考えずに言ってしまった。

 

障がいとは何か 

障がいとは何だろうか。その問いには長い歴史がある。その中でも「社会モデル」は様々な批判を受けながらも、現在の障がい理解の基礎となっている。

社会モデルの対比相手は医学モデル(個人モデル)だ。従来の障がい者に対するリハビリテーションは個人の生活機能を向上するために行われてきた。言い換えれば、障がいは個人の機能に起因するもので、それさえ改善されれば、障がいは改善されるという前提で行われていた。

 

一方で、社会モデルは、個人の機能不全をImpairment、社会にある障壁をDisabilityと定義し、人は社会によってDisabledにされると考える。例えば、車いすを利用している人がバスに乗れなかったとする。これは乗車に必要なスロープや、十分なスペースが社内にないからこそ起こるものであり、個人のImpairmentに原因あるのではなく、社会によって”できない状況”にさせられているということ。

さらに社会モデルは、Impairmentは社会のDisabilityに直面して、はじめて認識されると考える。歩けないことはそれ自体でImpairmentとなるわけではなく、日常生活を送る、外出する、学校に行くなどの社会参画を行うとき、Disabilityによって何かができない状況にさせられることで、個人のImpairmentにはじめて気づく。

僕のように近視だとしても、日本であれば眼鏡やコンタクトといった補助具が手に入るし、眼鏡が差別の対象になることもない。言わば、Disabilityはとても少なく、それが個人の機能不全だと認識することはほとんどない。

しかし、祖母の話を聞けば、何十年前、田舎では近視の女性は”お嫁に行けない”ことがあったらしい。そのため、家族は女性が近視であることを隠していたこともあったという。社会や時代が違えば、Disabilityも、それによって認識されるImpairmentも異なる。

 

この視点を持って考えれば、前述の少年と僕が直面するDisabilityは同じではなく、それによって認識されるImpairmentも違うだろう。彼は眼鏡をかけていることでいじめを受けているかもしれないし、眼鏡を購入することで家族の経済状況は大変かもしれない。正しい知識がないゆえに、先生からは”障がい者”として見られていることに、彼の自尊心が傷ついているかもしれない。

たかが数分の会話で僕は彼の状況を知った気になり、「僕と同じだね」という残酷な言葉を投げかけてしまった。

 

他人に対する選択

自分に対する選択に後悔しないのは、それによって影響を受ける相手が自分であり、どうとにも解釈し受け入れることができるからだろう。しかし、他人に対する選択で後悔するのは、それが容易に相手を傷つけたり、信頼を損ねたりしてしまうからだ。

相手に対する誠実な姿勢、深い理解、適切な背景知識。

ひとつ欠けていれば、すぐさま無配慮の言葉や態度に表れる。他人に対する選択はそれらがいかに自分に欠けているかを痛感させ、落ち込ませ、「なんでこうしてしまったのだろう」と後悔させる。

こうした後悔を少しでも変えるには、相手に対する誠実な姿勢、深い理解、適切な背景知識、それらを鍛えることでしか成せないのだろうと思う。

 

乾季のパアンの朝は美しい。濃霧がぼんやりと朝日に照らされる景色が好きだ。

f:id:taaku3:20170205215003j:plain

Community Based Rehabilitationの評価手法

Community Based Rehabilitation(地域に根ざしたリハビリテーション)は、障がい者個人を対象とした専門的支援を提供するのではなく、限られた地域資源を活用しながら、障がいのあるなしに関わらず、均等な機会を得られる、障がい者を含めた社会的包摂を実現するアプローチである。

中西由起子さんの「根ざしたリハビリテーション(CBR)の現状と展望」という論文では、CBRの意義として、①障がい者の生活の質の向上、②適正技術の移転、③地域社会の意識の向上、④障がい者のエンパワーメントを挙げている。具体的には、5つのカテゴリー・25の活動分野を自在に組み合わせながら、複合的な活動を行っていく。

概念が提唱されてから40年以上が経ち、現在100カ国以上で実践されている。

CBRが抱える問題

CBRが障がい者を含むコミュニティ主体で行う大前提を持つにも関わらず、”支援者”が障がい者を一方的な”被支援者”と見ており、計画・実施に障がい者自身が参画していないという批判がある。

また、一般化された評価指標がないために、エビデンスにもとづく評価がなされたCBRの事例が積み重なっていないことも指摘されている。確かに多くのCBR事例では、25の活動分野のうち、どの活動をどのように行ったかという点までしか記載されていないことが多く、果たしてその手法が有用であったか、他事業へ展開可能であったかなど、十分な評価と分析がなされていない印象が強い。

評価があったとしても荒いビフォー・アフター評価で、信頼に値するものはとても少ない印象だ。これはCBR事業だけでなく、ほとんどすべてのNGOの事業で当てはまることだろう(そういえば、前職で受けた地方行政の仕事はまったくといってよいほど、セミナーを何回やって何人参加したといったアウトプット記載に終止していた)。

ディーン・カーランが「善意で貧困はなくせるのか?―― 貧乏人の行動経済学」で述べているように、その程度の評価をするのであればいっそやらないほうがマシというのも頷ける。

CBRの評価手法

一方で、実務者の立場からすれば、限られた予算と時間の中で、どうにか自分たちの事業が本当に成果を生んだのか調べねばならないし、そこまでして初めて受益者と支援者に対して責任を取ることになると思う。

CBRで活用可能な評価手法はどんなものがあるだろうか。

ひとつにWHOが2015年に発行した”Community-based Rehabilitation Indicators Manual”がある。CBRガイドラインにもとづいた事業を評価しましょうというものである。

この評価ガイドラインは次のふたつを目的としている。

Capturing the situation of people with disability in the communities where CBR is implemented.

Capturing differences between adults, youth and children with disability, and those without disability in the areas of health, education, social life, livelihood and empowerment.

具体的には5つのCBRカテゴリーに対して、健康状態への満足度や意思決定の機会があるかなど基礎的な指標として13項目と、より具体的な指標の27項目から評価する。またその指標に必要な情報を得るために、8つの基礎的な質問と、30の具体的な質問が設定されている。各指標と質問は簡潔でとても使いやすい印象だ。

f:id:taaku3:20170125020504p:plain

WHO(2015)Community-based Rehabilitation Indicators Manual, p4

また、男性・女性・男子・女子のそれぞれの分類を設け、障がいを持っている人と、障がいを持っていない人を比較するところも特徴だろう。

例えば、日常生活において大きな選択を自分自身で行ったかという設問に対して、それぞれの回答を比較する(下図参照)。すると、最も否定的な回答は女子であったものの、障がいのあるなしで比較すると、女性で最も大きな差がある。

つまり障がいとは別の理由で女子が脆弱な状況にあるものの、障がいあるなしによって女性が最も自己選択の機会を阻まれている。CBRが平等な機会を目指すのであれば、後者の差こそ小さくすることが成果として言えるのであろう。ただ、CBRはコミュニティの社会的包摂を促していくもので、結果的に女子の選択機会の向上にもつながると思われる(あるいは、女子と男子の機会選択の差異を問題としてみることもできるだろう)

f:id:taaku3:20170125020512p:plain

WHO(2015)Community-based Rehabilitation Indicators Manual, p35

簡潔で扱いやすい印象のある指標だが、CBRの成果をすべて捕らえるのは難しいだろう。基本的な手法と基礎的な設問を参照しつつ、事業独自の指標を追加し、カスタマイズしながら使うのが良さそうだ。

この他にも評価方法は様々なものがあるだろう。いずれにせよ、評価なしでは自分たちの事業が果たして有効であったか知ることはできないし、いくら事業の良い点を挙げようともそれは主観的な解釈でしかない。評価→改善→評価・・・と繰り返していく上に、信頼にたる事業が生まれていくのだろう。