7days

ふつふつと不安と不満

東京本部で、事業部長にひたすら”いかに仕事ができないか”責められる。周りにいる他の職員は誰も助けてくれず、自分のマネージャーからも早く辞めろよと無言のプレッシャーをかけられる。耐えきれなくなって退職届を出し、ひとり寂しく事務所を出ていく。

本当に嫌な夢だった。先日観た「Oh Lucy!」のストーリーそのまんまなんだけども(ネタバレすみません)、主人公が自分に置きかわるなんて心臓に良くない。しかもちょうど仕事で少し揉めたこともあって、本当に現実かと思ってしまった。

oh-lucy.com

仕事や人間関係において、健全な議論や意見の衝突は必要なことだと思う。その一方で、本来は争いごとを避けたい小心者であるから、誰かと意見が対立したときは嫌な気持ちをずるずる引きずってしまう。

落ち着いてなぜこんな変な夢を見たのか考えてみると、次のようなことを無意識のうちに感じているのだと気がついた。

①求められている仕事をこなせていない
②組織や上司から適切なサポートを受けられていない
③孤軍奮闘している

海外駐在員として働いていると、このような気持ちになる人もいるのではないかと思う。特に日本の小規模なNGOは人を育てる機能が整っておらず、自分自身で乗り越えねばならないことが多いのではないか。

求められている仕事をこなせていない

日本のNGOは現地事務所に日本人を送り、この日本人駐在員が事務所を代表する体制が多いと思う。たいていの事務所が10〜15人くらいの規模で、駐在員はその国で経験が浅くとも、スタッフを引っ張っていくリーダーと事業を進めるマネージャーの役割を兼任せねばならない。でも、このふたつの役割を同時にこなすのはなかなか難しい(※少なくとも僕にとって)。

明確なビジョンと具体的なミッションのもと現地事務所へ送られるならまだしも、団体が掲げるビジョンが大きく、組織としての具体的な戦略が整備されていない場合は、リーダーシップが求められていることが多い。特に現地スタッフのキャパシティが限定的な事務所にとって、日本人駐在員に期待される役割は大きい。

一方、マネージャーとしての仕事はTask ManagementとPeople Managementのふたつに分解して考えてみる。Task Managementは事業計画にもとづき、やるべきことに優先順位を付け、スケジュール通り適切に実施されているかの管理を行う。People Managementはそれに伴うスタッフのマネジメントにあたる。

僕はこつこつ職人タイプの人間で、抽象的なものを具体的な形に落とすマネジメントは好きだし得意。そのかわりにビジョンをもとにチームを引っ張っていくというリーダーシップは弱いように思う。この点に関係する課題に対して、自分のできない感が強くなっているのだろう。

団体や上司から適切なサポートを受けられていないと感じている

社会人になって何年目だよって言われるかもだけど、自助努力ではどうにもならないところがあって、やっぱり団体や上司からの支援を受けられたらと思う。

日本の小規模NGOではそもそも人を育てるという意識も、人が育つことを支援する仕組みもないし、なのに年功序列が依然として強くて、団体内でのキャリアアップも考えられない。さらに特にNGOの駐在事務所があるような僻地において、ロールモデルとなる専門家も研修の機会も限定的だ。

駐在員からすると、どんなに働いても団体内には次の道筋が見えず、外から得られる機会もなく、転職以外の選択肢がなくなってしまう。

大前研一氏いわく「間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない」である。東南アジアの田舎にある駐在事務所で働き、事務所内に住んでいると、いずれも変える機会がほとんどないのだ。こうした状況に対して、多くの駐在員はある程度経験を積んだと思った頃、新しい成長のために転職していくのだろう。

とにかく人材の流動性が激しい日本のNGO業界の課題。

前職時代は他の団体の方ともたくさんつながりがあって、いつでもコーチングを受けているような環境だった。本当に恵まれた環境だったなと思う。自分を変えていくために行動するべきときなのかもしれない。

孤軍奮闘している

ひとつ前の項目にも関わるんだけど、適切なサポートを得られていないために、業務を一人で背負っているような感覚になってくる。頼れる現地スタッフはいても、彼らにとって僕は雇用主であり、できない部分をあまり多くは見せられない気持ちがある。実際は彼らのほうが僕の得意・不得意をよく知っているのだろうけれど。

もともと人に簡単に心を開く性格でもないし、この点はどこでどんな仕事をしていても感じるのだろう。ただ、外出するたびに近所の人からどこに行くのか聞かれ、どこに行っても知り合いに会い、かと言って心を許せる利害関係のない友だちがいるわけでもなく。こうしたストレスと上手く付き合う技術は必要なのだと思う。

 

つらつらと書きながら、結局のところ、2年半近く駐在していながら、課題だらけの日々に成長できている実感がまったくないことに、不安と不満を感じているのだと気がついた。

それに対して考えられる対応策は、①限られた環境の中でも信頼できるメンターを探すこと、②自分を引き上げてくれる環境を探すこと、③自分なりのストレスマネジメントを見つけること。

はやくこの暗闇から抜け出したいものだ。

f:id:taaku3:20181225185745j:plain

あんまり頑張らないで、でもへこたれないで

9月から昨日までの3ヶ月間は怒涛だった。パアンにほとんどいなかった。

東京出張→台湾に家族旅行→ネピドー出張→日本一時帰国→ネピドー出張→ダッカ研修参加→ヤンゴン出張→ダウェイ事務所旅行。移動しっぱなし。

しかも、事業監査、事業報告書、新規事業申請、企業訪問、海外出張、政府交渉なんかがもう色々と重なって、てんてこ舞い。みんな別々のことを言うしさ、そんな中で現場のこと、ドナーのこと、現地スタッフのこと、新しい駐在員のこと、東京本部のこと、それぞれの意図を汲み取って仕事をしていくのはけっこうストレスフル。

しっかり相手を考えられているだろうかとか、上手く交渉ごとを進められているだろうかとか、現地スタッフの成長につながっているだろうとか、そんなことばっかり考えている。そして、もっと上手くできたんじゃないかと。

 

まあ、ストレスが溜まっているなんて言葉を、自分自身に使うときが来ると思っていなかった。そのくらいに辛抱強い性格だと思っていたけども、どうやら今回は溢れてしまった。一般的にはバーンアウト気味というか、一歩手前だったのではないかと思う。

休みもなく、夜も仕事のことを考えている日々が続くと、自分に徐々に余裕がなくなって、疲れが溜まっていく。そういう自分自身を俯瞰できている一方で、イライラしがちで、スタッフに強く当たってしまったり、投げやりな対応をしてしまったり、愚痴が止まらなくなってしまったりする。

明後日から休みを取る予定。しばらく仕事から離れて色々とリセットしてこよう。 

 

今日、たまたま先日亡くなった樹木希林さんの映像を観た。自分のために、彼女の言葉を残しておこうと思う。

そんな先のない私がメッセージって言うのもなあ。

あの、おこがましいんですけど、やっぱりものには表と裏があって、
どんなに不幸なものに出会っても、
この、どっかに明かりが見えるもんだというふうに思ってる。

もちろん幸せがずっと続くものでもないから、
何かこう自分で行き詰まったときに、
どうぞ、そこの行き詰まった場所だけ見ないで、
ちょっとうしろ側から、こう見てみるという、そのゆとりさえあれば、
そんなに人生捨てたもんじゃないなというふうに、
今頃になって思ってますので、
どうぞ面白く、物事を面白く受け取って、愉快に生きて、
お互いにっていうとおこがましいけど、そんなふうに思ってます。

あんまり頑張らないで、でもへこたれないで。

 

 

f:id:taaku3:20181219012053j:plain

スタッフ旅行で行ったダウェイの海。

久しぶりに風邪をひいた

久しぶりに風邪をひいた。

ネピドーへ往復16時間の車移動をした翌々日、ヤンゴンへ夜行バスで往復する出張はやはり無謀すぎた。ネピドーが思いのほか涼しかったにも関わらず、Tシャツ以外持ってくることを忘れ、激寒なバス環境により撃沈した。

海外での一人暮らしで体調を崩すと、この世に自分だけしかおらず、このまま誰にも気が付かれず、消えていくんじゃないかというくらいに孤独感に苛まれる。油っこいミャンマー料理なんて食べたくないし、信頼できる病院はないし、体に良くないと分かりつつクーラーないと汗だくで熱中症になりそうだし。

 先日の一時帰国で受けた健康診断で、全項目Aという素晴らしい結果に油断していたからかもしれない。ともかく体調不良もあって、妙な孤独感と落ち込みに襲われた。

 

Googleの検索履歴には「海外駐在 田舎 孤独」とか「海外駐在 ストレス」とか「海外駐在 彼女」とか。もうこれらの履歴を見るだけでも、かなり彷徨っている感が否めない。 

そんなふうにいろいろな記事を読んでいたら、たまたま海外の田舎でNGOの駐在員をしている方のブログを見つけた。

kenyamatecchan.hatenablog.com

そっかー。世界には同じように悩んでいる人もいるんだな。

kenyamatecchan.hatenablog.com

 

やっぱりね、海外の片田舎で働いていると、日本にいるときと違って、いろんな情報はネットで手に入れられても、手触り感がないというか、どこかはるか遠くで起こっているような感覚になるのです。そこにずっといると、世界から取り残されるような感じ。

それは単なる孤独というよりは、手応えのない自分自身や将来に対する、焦りや幻滅や捉えどころのない不安みたいなもの。

そういった感情の解決方法は人とコミュニケーションが一番とよく聞くけども、 何となく気を紛らわせても、またひとり夜になると同じような感情に戻る。ということは、根本的にその感情は解決できていないのだし、そもそも”なくなる”ものでもないのだろう。

もともと僕は孤独に強いと思っていた。でも、日本にいると注意をひきつけてくれるものがたくさんあって、たくさんいて、そういった感情と向き合わないで済むからなのかもしれない。紛らわす道具がない田舎暮らしでは逃げ場がない。

そうならば、その感情をどーんと受け入れて、「僕は孤独なのだ」と認めてしまうほうがよっぽど楽になるのかもしれない。

 

そう言えば、先日日本の友人たちと話しているときに、彼ら彼女らもみんな孤独で不安なのだなと思った。みんな孤独を埋めるために、出会いを求めたり、誰かに話そうとしたり、旅に出てみたり。でも本人はそれに気がついていない。

自分自身が孤独であることを認識し、孤独を忘れるためではなく、孤独であることを前提に考えられたほうが良い方向にいくのかもしれない。

 

そうして、僕は気がついた。彼女が本気で欲しいことを。

f:id:taaku3:20181129020023j:plain

マネジメントマネジメントマネジメント

ここ2ヶ月くらい、元気だしては落ち込んでの繰り返し。

だいぶ気持ちが滅入ったこで、仕事も億劫になり、生活やら人間関係やらもこじれてきた。お盆休みにバンコクでリフレッシュできたのも束の間、もう翌日にはそんな気持ちも吹き飛んだ。

もともと落ち込みやすく、起こったことをずるずると引きずる性格ではあるのだが、精神的な体力は人一倍ある方だ。いまの落ち込みも明日の朝になれば、半分くらいに消化できてしまう。ただ、ここ最近はその消化が間に合わないほどに毎日毎日問題が起こるのだ。

僕がこの状態であるならば、事務所のスタッフは余計に落ち込んでいるのではないかと思う。ましてや、これらの問題が事業そのものではなく、スタッフマネジメントというストレスが強い類のものであれば、そのしんどさはよく理解できる。

そうして信頼するスタッフが去っていくのはもうしんどくて仕方がないのだ。

 

何か問題が発生したとき、これまで僕は僕自身を変えることで対応してきた。例えば、コミュニケーションのズレがあるのであれば、自分自身のある方を自省し、より良い自分になろうとしてきた。他の人を言い訳にできないことはしんどいが、そうであるから、自分自身と向き合ってこれたと思うのだ。

でも、どうやら形だけでも事務所の責任者になって、そのあり方だけではどうやらダメなのかもしれないと思い始めてきた。

僕のあり方は一人ひとりが強く自省し、物事と自分ごととして向き合い、自分自身を変えていかねばならない。そうであるから、人を変えようとしたり、人が変わることを期待してはいけない。

 

ただ、もしマネジャーにいる立場の人間が、むしろ真反対の考え方を持ち、自分自身のマネジメント能力ではなく、スタッフに物事の理由を押し付けているとすれば、何が起こるだろうか。

そう考えてみると、僕はもっとスタッフ一人ひとりの成長に介入し、援助し、特に厳しく伝える必要があるのかもしれない。特にミャンマー人の多くがプライドが高く、転職率も高いならば、むしろ僕のあり方は極めて日本人的で、ミャンマー文化の中での問題解決には適していないのかもしれない。

ストレスで禿げそうだけど、やるべきことはもっとスタッフと話し、責任者として言うべきことは言うべきなのだろう。

マネジメントの経験が長い人にとって、こうした問題は大した出来事でもないのかもしれない。でも色んな物事が初めての自分ができることは、自分のあり方を変えながら、思う手段をひとつひとつ試していくしかない。

 

相変わらず、僕は人と働くことが下手くそだ。一人で働きたいとつくづく思う。それでもみんながうまく噛み合わさり、大きな目標に向かって動けたときに見られる景色は全然違うということを知っているから、そう簡単に割り切れないのだ。

よくよく考えると、そんな成功経験は数えてみれば片手で十分足りるし、つくづく僕はマネジメントやらリーダーシップという役割をこなせていない。

自分の団体やマネジャーから期待されているなんて感じたことはない。でも僕自身では自分のこともスタッフも事業も期待しているんだ。だから余計に凹むぜ。

自分のできる範囲で

気が付けば前回の更新からもう4ヶ月も過ぎてしまった。いくら海外にいると言えども、もう2年同じ場所で働いていると非日常が日常になり、変化のない日々のように感じてくる。

実際には色んな出来事が重なり、慌ただしい日々だった。だが、それも日常の一部となり、改めて文字に起こそうという気持ちを削るのだ。

 

ここ数ヶ月で一番大きい出来事と言えば、事業責任者になったことである。今ままでのびのび仕事をしていた状況から一転し、事業責任者として色んな物事を引き受けなくてはならなくなった。いくら15人程度の小さな事務所と言えども、人が15人いれば、毎日のように様々な人間関係や事業上の課題に直面する。

マネジャーとしての仕事が初めての中で、判断に迷うことも、判断に後悔することも、自分の力不足を痛感することも、もう数えきれないほどにある。フィールドで働きたくてこの仕事に就いたのだが、どんどんフィールドから離れざるを得ない状況にフラストレーションも感じる。

一方で、この役割に就いたのであれば、現状をどうにか良くせねばという気持ちが生まれてくる。もともと転職のハードルが日本に比べてとても低いミャンマーであることを鑑みても、僕の事務所での現地スタッフの入れ替わりは激しいように思う。

この状況をどうにか改善し、事業を軌道に乗せねば、ここで何かを達成したという経験には至らないだろう。

 

正直なところ、自分自身の就業条件にも疑問を感じることがある。

”事業責任者”になったにもかかわらず、団体内での立場は変わらないために、決裁権限も給与額も何も変わらない。ただ、責任のみが増えただけで昇進ではないのだ。そもそもこの変更だって、事前に話があったわけではなく、いつの間にかである。

一方で、自分自身への人事評価もなく、団体からの研修もない。言ってみれば、「放置」である。別に職場に対して過度な期待を抱いていないが、自分の働きが、良いか悪いかは別にして、どのように評価され、それがインセンティブにどう結びついているか実感が持てないのだ。

 

ただ、そうした不満を、僕の事務所の現地スタッフも同じように感じているのではないかと思うのだ。ならば、少なくとも僕が変えうる範囲の中で、良い職場を作ってから次のことを考えても良いのではないかと。

そうしよう、今年いっぱいまで頑張ってみよう。

あと4ヶ月でできる限りの工夫をして、少しでも良い環境をつくって、納得できるまでやってみよう。きっとそこまでやれたならば、次の選択も胸を張ってできるのではないかなと思う。