7days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマー・カレン民族のドンダンスを観に行った

11月7日は第61回目のKayin State Dayだった。この日に合わせて、州都のパアンでは、カレン州祭りが開催。数え切れないほどの露天が並び、ミャンマーボクシングや花火などが5日間にわたって行われる。老若男女、驚くほど多くの人が集まり、騒ぐ。

期間中、カレン民族の伝統な踊り、ドンダンスのコンテストを観に行った。

f:id:taaku3:20161113191940j:plain

1チームは男女16名ずつの踊り子と、演奏と歌い手の50名以上で構成される。冒頭はチームで一番、歌と踊りが上手な女性が独唱する。

f:id:taaku3:20161113194024j:plain

その後、30分近い長い時間、休みなく、踊り子は歌いながら激しいダンスを繰り広げていく。

f:id:taaku3:20161113200237j:plain

シェー。

f:id:taaku3:20161113200222j:plain

次々と変わるフォーメーション。f:id:taaku3:20161113200900j:plain

パアンだけでなく、別の町のチームもコンテストに出場する。会場には出場者の家族や友人も会場へ駆けつける。

f:id:taaku3:20161113201120j:plainf:id:taaku3:20161113201017j:plain

あまりの激しい踊りに、舞台の裏では踊りを終えた女性が何人も倒れていた。まるで戦場のような戦いの場だった。

f:id:taaku3:20161113201358j:plain

今年の優勝チームはパアンにある大学生チーム。普段の素朴なカレンの人たちも素敵だけど、伝統衣装に身を包んだ踊り子も美しい。

ちなみに優勝チームが決まったダンスは夜中の2時。会場にはまだ多くの観客。彼らの体力に驚いてしまう(こちらは酔っ払い)

f:id:taaku3:20161113201743j:plain

カレン州の設立

カレン州設立記念が第61回目ということは、1955年にカレン州が設置され、カレン州祭りも同時に始まったと考えられる。しかし実際のところ、1951年の憲法改正により、非常に限られた地域でカレン州は設置され、翌年に6つのタウンシップ、1960年に1つのタウンシップが組み込まれ、現在のカレン州が誕生した。カレン州設立のお祝いは1955年から始まる。*1

一方で、1947年にミャンマーは独立したものの、その際、カレンは州として含まれなかった。その結果、カレン族は独立をもとめ、Karen National Union(KNU)を立ち上げ、それから2012年までの約60年間、政府対少数民族の戦いを繰り広げていく。*2

いまだに治安が安定しないカレン州であるが、パアンから離れた村々からも、このお祭りに参加するために多くの人が集まる。

f:id:taaku3:20161113201032j:plain

ドンダンスのリハーサル

カレン州祭りは5日間であるが、開催前に5日間の準備期間がある。この期間からすでに露天は出ているので、さながらもうひとつのカレン州祭りである。

本番前にドンダンスチームはお祈りを捧げる。

f:id:taaku3:20161113203044j:plain

f:id:taaku3:20161113203327j:plain

f:id:taaku3:20161113203432j:plain

会場ではリハーサルが始まる。リハーサルでは、化粧はせず、おそろいのロンジーとTシャツで踊る。

f:id:taaku3:20161113203059j:plain

f:id:taaku3:20161113203148j:plain

 

ドンダンスは激しくも、カレン民族の多彩な伝統が残る美しい踊りだった。そして、子どもたちの世代に引き継がれ、多くの人たちを魅了する文化だった。

開発ラッシュに湧くミャンマー。これまで守られてきた伝統文化はどうなっていくだろうか。いかなる形にせよ、この豊かな文化が人々のなかに残り続けることを願ってやまない。